夕方から雨

雨はあまり降らなかったが、山頂が東風だったので下でグラハントレーニングをした。

下はいい風が吹いて半日でしたがいい練習になりました。このパラグライダーに触っている時間が重要なのだ。

 

講習生は時間が取れるのなら、とりあえず来るようでないとうまくなりません。少しでもいいからグライダーに

触る時間があることが大切です。「飛べますか?」などと聞く前にエリアに来てみよう。

 

パラグライダーは飛べばうまくなるものでは無い。上手くなるには地上練習です。

テイクオフや地上でのグライダーの扱いが上手な人が空中でのパラグライダーの操作が上手な人なのです。

下で上手い人が上でもうまいということ。上手くなりたいと思ったら飛ばずに地上練習だ。

ただそれだけではつまらないから、そうしたら飛ぶ。飛んだらまた練習。この繰り返しだ。

 

講習生だけでなく、パイロットも同じ。練習しない人はどんどん下手になります。

安全のために練習が必要です。練習しない人はそのうち怪我をします。

事故を起こすのは圧倒的にパイロットが多いのです。講習生時代に比べて練習量が圧倒的に減るからだ。

下手なプライドは捨てて謙虚になることが必要だ。

楽しく飛ぶためにもパイロットも時々練習しよう。

 

P1000576.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000577.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沼田生まれの「ぐんま名月」をGET!P1000579.jpg美味しいです。

 

 

 

 

 

 

日本パラグライダー協会公認校 TOP FIELD トップフィールドぐんま 群馬県沼田市白沢町生枝661-1 関越自動車道の沼田インター約10分 電話番号:0278-20-9006 ネットで予約&問い合わせ