一人で飛べるようになるには、エントランスコース、パイロットコース
どのくらい練習すれば一人で飛べますか?

当校のエントランスコースにご入校いただければ、早い人で5日遅い人で10日ほど練習すれば一人で450mの山頂から飛ぶことができます。
もちろん個人差はございます。練習は連続でなくても週に1日等で大丈夫です。
 

ライセンスについて教えてください。

当校では日本パラグライダー協会の教習カリキュラムに沿って教習し、ライセンスの発行業務を行っております。
ライセンスにはパラメイト、ベーシックパイロット、プライマリーパイロット、パイロット、エキスパートパイロットと5段階あり、順に取得していく形となります。
パイロットライセンスを取得すれば日本国内の様々なパラグライダーエリアでフライトすることができます。
 

どのくらい通えばライセンスが取れますか?

パラメイトライセンスは当校のエントランスコース卒業と同時に発行いたしますので5日から10日の練習で取得できます。
パイロットライセンスを取得するには、エントランスコース卒業後にパイロットコースに入校していただきます。
入校後に毎週1日講習を受けたとして、2シーズンは掛かります。
ソロフライトを100本程度行い、安全にフライトできる知識と技術を身につけますので、時間はそれなりに必要です。
 

ライセンスを取るまでに費用はどのくらい掛かりますか?

パラメイトライセンス取得にはエントランスコース入校料として2万円、日々の講習で1日3,000円が必要となります。
5日で卒業したとすると合計で35000円必要です。

パイロットライセンス取得にはパイロットコースに入校していただきますが、入校料は30000円です。
1日あたりの講習料金は2,000円です。
年間20日講習を受けたとして、講習料は4万円、その他必要な保険料や会費として年間46000円が必要です。

また、パイロットコース入校にあたり、当スクールで機材を購入していただきます。
機材の費用は様々ですが、平均して一式60万円程度です。予算に応じて中古機材も斡旋しておりますのでご相談ください。
 

機材のレンタルはありますか?

はい、ございます。                                            エントランスコースでは当校の機材を無料でレンタルしております。
パイロットコースのベーシックパイロットライセンス取得までは有料でレンタル可能です。            それ以降はお客様の体重や技量に合った機材を購入していただき、お客様個人所有の機材で練習していただきます。
機材購入に関しては校長にご相談ください。

 

 

日本パラグライダー協会公認校 TOP FIELD トップフィールドぐんま 群馬県沼田市白沢町生枝661-1 関越自動車道の沼田インター約10分 電話番号:0278-20-9006 ネットで予約&問い合わせ